ロマン派時代の作曲者

ピアノのお話

古典派の終了と共に作れた時代。

それが「ロマン派」です。

モーツァルトやベートーヴェンといった偉大な音楽家の影響された金の卵達が一気に孵化した時代。

そういうような背景もあり、最も偉大な音楽家が数多く生まれた時代かも知れません。

ピアノに関連しても、彼らの影響からたいへん大きな広がりを見せ、ピアノと言う楽器自体がムーブメントとなった時代といえます。

その為、ロマン派の巨匠のなかには、ピアニストが数多くいます。

ロマン派のなかでポピュラーな音楽家といえば、ショパン、シューベルト、リスト、ブラームスあたりでしょう。

特に、フレデリック・ショパンはニホンだとしても今なお親しまれている偉大なピアニストです

代表曲は「夜想曲」をはじめ、「前奏曲」「トレーニング曲」「譚詩曲」ピアノ協奏曲「第1番 ホ短調」、ピアノソナタ「第2番 変ロ短調」「円舞曲」等、今だとしても数多くのピアニストによって演奏される作品ばっかり

まさにピアニストの頂点です。

そして、そのショパンと同などの評価を受けるピアニストが、フランツ・リストです

享年75と言う、音楽家としてはかなり長命だったリストは、その生涯をピアノと共に過ごしました。

「ピアノの魔術師」と言う異名まで付けられた彼は、たいへん優れた技巧と細やかな表現を持ち合わせ稀有の才能を長期に亘って発揮したすさまじくポピュラーなピアニストです

代表曲は、交響曲「ファウスト交響曲」「ダンテ交響曲」、交響詩「前奏曲」、ピアノソナタ「ピアノソナタロ短調」等。

ピアノトレーニング曲、ピアノ協奏曲、ピアノワルツなどの曲は、数え切れないほどのポピュラー曲を生み出しています。

印象派時代の作曲者

ロマン派の後、19世紀後半に発足した感想や感じ方派は、現代音楽にかなり近い様式となっています。

比較的近代ではありますが、やはりどちらかと言うと「音楽の教科書に載っている音楽家」と言う感想や感じ方が強いでしょう。

そういう意義では、近代ではあっても古典派、ロマン派の音楽家と同列といって差し支えないでしょう。

そういった感想や感じ方派の音楽家でポピュラーなのは、ドビュッシー、ラヴェルといったところでしょう

どちらもフランス人の音楽家で、フランスの音楽の象徴ともいえる存在です

クロード・ドビュッシーは1862年に生誕したフランス人で、感想や感じ方派の中心的存在だとしてもあります。

生涯に亘ってかなり幅ワイド作風を確立し、オリジナルのワールド観を築き上げた音楽家で、特にピアノ作品を数多く手掛けました

ドビュッシーの代表的なピアノ曲は、ベルガマスク組曲 「月の光」「牧神の午後への前奏曲」「2つのアラベスク」「夢想」等ですね。

ドビュッシーには、近頃たいへんニホンで評判を高めているエリック・サティ作曲「ジムノペディ」 にまつわる逸話もあります

ドビュッシーとサティは友人同士で、サティはあまり表舞台に出たがらないスタイルの人間でしたが、そういったサティの手掛けた「ジムノペディ」をドビュッシーが編曲し、表舞台に引き上げる契機を作ったといわれています。

モーリス・ラヴェルは、1875年に生まれたフランス人です。

ラヴェルといえば、ニホンでは「ボレロ」があまりにポピュラーですが、実はピアノ曲も数多く手掛けています

中だとしても「クープランの墓」はポピュラーです。