ピアノにまつわる偉人

ピアノのお話
SONY DSC

ピアノと言う楽器が出現して以後、音楽のワールドはがらりとその様式を一変させました。

ピアノは瞬く間に音楽のメインとなって、多くの偉大な音楽家が熱中し過ぎたといわれています。

その影響力は、クラシック音楽は当然、現在の音楽ではまで活用されているこというのは、多くの人の知る所です

近年の音楽シーンではも、ピアノはないと困る存在です。

多くの楽曲にピアノの音が入っています。

盲目のピアニストとして、ニホンでは辻井伸行さんがセンセーションを起こしていますね、。

そういったスーパースターを生み出すのも、ピアノと言う楽器の音色が、魔性の力を帯びているからなのかも知れません。

そういったピアノの魔力に魅せられた、歴代の音楽家はたくさんの人がいます。

その中かと言って特に、ショパンはポピュラーと思います。

ピアニストとして、作曲者として稀有な存在であるショパンの楽曲は、ニホンだとしてもたいへん高い評判を集めています。

ピアノの音は何処か憂いを帯びており、四季のあるニホンにはたいへんフィットする音楽です。

ショパンはより一層作曲段階で憂いを上昇させており、ニホン人好きの音楽をたっぷりと作っていました。

そういったショパンをはじめ、今までに数多くのピアニストが輩出されてきましたが、彼らの出現時期は時代ごとに区切られています。

ピアノ創世記はバロック、ピアノ繁栄時が古典派、ピアノ最盛期がロマン派、そしてピアノ安定期が感想や感じ方派、といったところでしょうか。

これらの時代おのおのに、偉大なピアニストが出現しています。

ピアノを覚える上では、彼らの曲は欠かすことの出来ないものとなるでしょう。

バロック時代の作曲者

バロックと言うと、一定レベルは16世紀末から17世紀初頭にかけて広まった、ヨーロッパの美術や芸術文化様式の全般を指します。

現代ヨーロッパの基礎を築いた文化といっても差しさわりないでしょう

バロック音楽はこの中の一例ではありますが、生まれたのは17世紀初頭で、そこから百十数年、じっくりと時間をかけて拡がっていきました。

近年みたいに情報化世間一般と言うわけではない時代ですので、最新の音楽と言う文化が広まるのには相当時間を費やしたやうです。

そういったバロック時代では、音楽の中心となりましたのはピアノでした

ピアノの出現によって、音楽の在り方が変わり始めた時代とさえいえるでしょう。

そのバロック時代に出現した偉大な音楽家といえば、バッハです

ヨハン・ゼバスティアン・バッハはドイツ人として1685年に出現し、後にベートーヴェン、ブラームスと並び「ドイツ3大B」と呼ばれる偉大な音楽家となった人物です

そのバッハこそが、ピアノを普及させた音楽家ともいわれています。

この時代は、まだピアノが出現したばっかりで普及には到っていませんでしたが、バッハのピアノ協奏曲、ピアノソナタが、その普及の契機になり、その後一気に普及が進みました。

既に偉大な音楽家ではあったバッハがピアノに言及したことで、近代音楽が始まったといっても言い過ぎではないと思います。

彼が書いた「平均律クラヴィーア曲集」が、ピアノ普及へのきっかけになったといわれており、これがピアノの旧約聖書とも挙げられる所以です。

古典派時代の作曲者

バロック時代に続き、1730年から1810年あたりまで続いた古典派音楽。

この時期は、かなり数多くのポピュラーな音楽家が現れてきています。

特に代表的なのは、モーツァルトとベートーヴェンでしょう。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年に生まれ後にウィーン古典派三大巨匠に数えられるまでになったたいへんポピュラーな音楽家です

音楽の教科書にも度々顕現る彼の名前は、ニホン人であっても殆んどの人が耳にしたことがあるでしょう。

そういったモーツァルトがピアノの曲を多く創るようになったのは、実は晩年のことでした

20代後半になってからピアノ協奏曲の作曲がかなり増え、自身の主催する演奏会で披露していたやうです。

そういったこともあり、ウィーンにいた晩年は、ピアニストとしての評価や評判が固まっていたといわれています

ピアノ協奏曲「第20番」「第21番」「第23番」「第24番」「第26番」「第27番」、ピアノソナタ「第11番「トルコ行進曲付き」」は、今だとしてもポピュラーな曲群です。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンに関連しては、当然知らない人はいないでしょう。

ワールドで最もポピュラーな音楽家ですね。

ベートーヴェンは1770年に出現したドイツの音楽家で、「交響曲第1番~第9番」、弦楽四重奏曲等、多彩な代表曲を生み出した、まさに音楽界の革命児でした。

晩年には耳がきこえなくなったにも関わらず作曲を続け、指導まで行っていたやうです。

そういったベートーヴェンは、ピアノの曲もたいへん多く作っています。

特にピアノソナタ「第8番 ハ短調 「悲愴」」、「第14番 嬰ハ短調 「月光」」はニホンだからといってポピュラーです。