ピアノのお手入れ

ピアノのお話

ご身内でピアノを扱う上で案外たいせつ視されていないのが、ピアノのメンテナンスです。

しかしながら、ありのままにはメンテナンスこそが最大のたいせつ件といえます。

これを怠れば、折角割高で入手したピアノがあっと言う間に傷んでしまい、使い物にならなくなる見込みすらあります。

ピアノはたいへん細やかな楽器です。

ちゃんとお手入れをして、長持ちさせるよう心がけましょう。

ピアノのお手入れでまず気にかけるこというのは、置き立地です。

といっても、ピアノと言う楽器はその大きさから、置ける立地をそう自由に決められるわけではありません。

その為、ピアノを部屋に合わせるのではなく、ピアノに部屋を合わせる必要があるでしょう。

つまりは、ピアノを置くのに適した立地に部屋をカスタマイズしたケースいうことです。

ピアノの置き立地の要素には、外気の影響を受けずらい立地と言う点が挙げられます。

すなわち、風や直射日光が入らない立地です。

なるべく外壁に面していない立地を選択するようにしましょう。

これは、壁の熱の問題もありますし、隣の住人への配慮もあります。

音響的な問題もあります、。

いずれにせよ、壁際にピアノを置くものではありません。

ご身内でピアノを保存するケースは、ホコリや汚れをなるべく付けないようにしましょう。

使わない時にはカバーを被せ、定期的に乾拭きをおこなうことをおススメします。

特に鍵盤は手あかで汚れることもあるので、たまに中性洗剤を利用して拭き掃除をおこなうと良いでしょう。

出来ることなら、トレーニングをおこなう前に手を洗う習慣を身に付けておきましょう。

調律の方法

初心者の方はあまりなじみがないかも知れませんが、ピアノを扱う上では「調律」と言うものが必要となってきます。

調律と言うのは、ピアノの音を正常にするための調整です。

ギターなどの弦楽器でおこなうのは割とポピュラーですが、ピアノだとしても定期的に調律をおこなう必要があります。

ただ、ギターみたいに頻繁にする必要はありません。

ピアノの調律は、1年に4回、シーズンごとに一度行なえば良いと言われています。

というのはいえ、ピアノの調律はたいへん手間がかかる上、経費も必要ですのでなかなか年に四度は行なえないのが現実です。

出来ることなら年に2回、最低だとしても1回はおこなうよう心がけましょう。

ピアノの調律は、本質的には専門家以外がおこなうのは困難です。

その為、調律が出来る人にお金を払ってしてもらうのが世間一般的な手順となってきます。

楽器ショップに尋ねれば、調律が出来る「調律師」の人を知っているので、紹介してもらえるでしょう。

オーダーした楽器ショップに問い合わせてみると良いでしょう。

ピアノの調律にかかる費用は、1回に大体1~2万円といわれています。

本質的にはグランド・ピアノの方がUPライト・ピアノより高めですが、どちらも上記のスポットに含まれるので、そう大きなちがいはありません。

大手の楽器ショップ等で頼むより、個人でピアノ調律を行っているところの方がお安くしてもらえる傾向があります、。

調律をおこなうだけでこれ程の費用がかかると言うことも、ピアノがお金持ちの家にしかないと言う理由の一つかも知れませんね。

故障したら修理に出そう

細やかな楽器として知られるピアノは、あるくらいの衝撃や時間の経過による劣化、調律を長期間怠ったなどの理由で壊れてしまうことが多々あります。

特に、鍵盤やペダルといった直に負荷がかかる部位は、比較的壊れ易いでしょう。

こればっかりは、手法のない部位もあります。

いくら丁寧に扱っていても、壊れる時はあっさりと壊れてしまうものです

故障したものは、ケースによっては修理したケース比べると買換た方がお安くつくケースがあります。

たとえば、パーソナルコンピュータやゲーム機、ポータブル音楽プレーヤー等はその典型で、特殊な部品を利用していることもあってちょっとしたことでかなりの修理費用がかかることから、買換たほうが安いと言うこというのはよくあります。

そういったケースは、安易に修理に出すと大損をおこなうこともあるでしょう。

ピアノのケース、よほどの損傷ではない限り買換と比べると修理費の方がお安くつきます。

ピアノ自体がかなり割高なものですので、修理費用も部品取替えだけで相応にかかりますが、買換ると比べると修理した方が良いでしょう。

修理するケースは、まず何が要因で故障しているのかを見極める必要があります。

鍵盤が上がらない、ペダルが動かないなどのはっきりとした理由があればわかり易いのですが、音が全部鳴らない、音程が合わないなどの不可解な故障をしたケースは、まず調律師の人に何処が故障しているのかを調べてもらうと良いでしょう。

その後で、その箇所を修理するにはどれくらいの費用や時間がかかるか等と言うことを聴き、修理するかどうかを決めると、少なくてもの経費で直すことが出来ます