練習時間はどれくらい

ピアノのお話

スポーツ競技等では特にいわれることですが、いくらかの時間トレーニングすることがイコール上達への最短コース、と言うわけではありません。

根性論、精神論が前面に出ていた昔のニホンではそういった考えが普及しており、今も人によっては質より量、トレーニングあるのみと指導する人もいるかも知れませんが、それは決して整然というのはいえません。

何ことではも、適正と言うものは存在します

それは当然、ピアノのトレーニングではもいえることです。

整然トレーニング時間を設定し、それを超えないスポットでトレーニングすることによって、最高の効率を獲得することが出来ます。

逆にいえば、その時間をオーバーしてまでトレーニングするこという意味は、集中力の欠如やボディーへの負担に関係し、マイナスに働くと言うことです。

これに加え、ピアノには「音が出る」と言うウイークポイントもあります。

そのために、周囲への影響です。

ピアノの音は、防音設備をあるくらい整えても、多かれ少なかれは漏れるものです

ポツンと郊外に建った一戸建ての家でトレーニングするのであるのなら、何ら問題はないでしょう。

ですが、防音をしているマンションでピアノのトレーニングをおこなうケースは、防音設備を過信せず、隣近所に多かれ少なかれなりとも音が漏れていると言うことを気にしながらトレーニング時間を決める必要があります。

ピアノのトレーニングをおこなう人は、「特定の曲を弾けるようになりたい」「ちょっとで良いから弾けるようにしたい」等と言う人もいれば、「プロのピアニストになりたい」「音楽プロデューサーになりたい」等と言うプロを目指すことが前提となっている人もいます

当然、後者の方が相応のトレーニング時間が必要です。

その為、ピアノのトレーニングにはこれと言う適正の時間はなく、お目当ての為にどれしかない時間が必要かと言うこというのは個々で決める必要があります。

レッスンに通ったり、講師に見てもらったりすることの持つ利点は、ここにあります。

自分のお目当てに合った整然トレーニング時間を設定してもらいましょう

水分や体力に注意

スポーツをおこなうケース、定期的な休憩と水分補給は今や常識です。

特に水分補給はちゃんと行っておかないと、ボディーに悪いだけでなく、トレーニングが効率的に出来ないと言う弊害も出てきます。

そして、それはスポーツ競技やスポーツしかないことではありません。

ピアノのトレーニングではも、必要とされていることです。

ピアノのレッスンをおこなうケース、弾く曲によってはかなり長い時間、指を動かし続けることになります。

見ている分にはあまりそう感じないものですが、ピアノの演奏は、実は結構体力を使います。

息を切らすようなキツいスポーツではないものの、上半身、下半身共に動かし、またかなりの速度を求められるので、思っていると比べると消費がキツいのです。

それに加え、ピアノの演奏は精神面や脳の疲労もかなりあります

よって、肉体と精神の両方が疲労していくのです

こういった状況だとしてもし水分補給を怠れば、脱水症状が起こる見込みがあります。

特に、暑い夏場でエアコンを利用せずにピアノをトレーニングするケースは、短いスパンでの水分補給をおこなうようにしなければ、早速にボディーがだるくなってしまいます。

ピアノは指先の感覚がたいへんたいせつですが、水分が不足したり、体力が著しく落ちていたりしたケース、その感覚も弱まってしまいます、。

そうなると良い演奏等出来るはずもなく、トレーニングにも身が入りません

ピアノのトレーニングではたいせつなのは時間をかけることだけでなく、いかに有効なトレーニングをおこなうか…すなわち質です。

その為には、常に最良コンディションに近い形でトレーニングが出来るように環境条件を整える必要があるのです。