フォームを正しく覚えよう

ピアノのお話

準備をちゃんと整えてピアノのトレーニングを始めるにあたり、一つ心がけたいのが「フォーム」です

つまりは、ピアノを弾く時の姿勢ですね。

これに関連しては、講師の方がちゃんと教えてくれるでしょうが、姿勢と言うものはなかなか矯正出来るものではありません。

なるべく日常の段階から、整然姿勢を身に付けさせておきましょう。

ピアノを弾くフォームは、背筋を伸ばすことが原則となってきます。

猫背で弾くと当然視界が狭まりますし、なにと比べると腕や指をうまく動かせなくなります。

鍵盤の高さとヒジの位置が同じ高さになるように、ちゃんと背中を張るようにしましょう。

これには一つたいせつな点として、椅子の高さが挙げられます。

ピアノを弾く時に椅子の高さが合っていないと、ヒジの高さの調整が難しくなります。

もし椅子が低ければ、ヒジを不自然に上げなければなりませんし、高いケースはこれまた不自然に下げなければならなくなります

そうなると、無駄に力が加えられたり、スムーズな腕の移行が出来なくなったりします。

もし椅子の高さに違和感を覚えるようなら、講師に伝えると良いでしょう。

手は、力を抜いて鍵盤の上に乗せます。

たいせつなのは、適度に脱力することによってす。

力の入った有り様で弾くと、強弱がうまく付けられません。

というのはいえ、緊張した有り様で脱力するのは、すさまじく難しいものです

これは、初心者だとしても熟練者だとしても同じことがいえます。

そういう意義では、ピアニストにとって永遠の課題ともいえます。

難しいですが、なるべく肩の力を抜き、ナチュラルに鍵盤と向き合えるように気を付けてください。

弾き方を覚えよう

整然姿勢を身に付けたら、ピアノの本格的なレッスンが滑り出しします。

初心者にとっては、ドキドキの瞬間ですね。

初めは音を鳴らすだけで楽しく、それがみるみる連なっていくことで、より大きな楽しさを獲得することが出来るでしょう。

ですが、多くの人が早速に自分の想像通りに指が動かなくなり、壁にぶつかることになります。

最も沢山のは、「左右の手をちゃんと動かせない」と言う壁です。

ピアノの演奏は、左右の手がおのおの別々の機動をしなくてはなりません。

特に、利き手でない方の制御はかなり困難です。

大抵のケース、初めは利き手の機動に釣られてしまいます。

これは人間の持つ習性のようなもので、いくらセンスのあるお子さんだとしても例外ではないでしょう。

これを矯正するレッスン法には、片方の手だけを集中的にトレーニングしたケースいうものがあります。

一方だけを徹底的にトレーニングし、片手だけで楽譜も見ずに弾けるようになれば、一方の手に釣られることもなくなってきます。

特に、利き手でない方の手に関連しては、指の機動が利き手と同じように滑らかになるまでトレーニングを積むことをおススメします

もしもどうしてもうまくいかないケースは、左右同じメロディを弾いてみると言うトレーニング手順もあります。

頭で考えなくて良い分指の感覚に集中出来るので、有効なトレーニングです。

あるくらいの目処が立ったら、再び両手でピアノを弾くトレーニングをおこなうことになります。

そこでまたうまく弾けないケースは、また片手のみのトレーニングに戻り、感覚を養っていきます。

これを繰りかえしていくことで、徐々に両手で弾く感覚が身に対していくのです。

ペダルの役割を覚えよう

初心者がピアノのトレーニングでつまずき易い点として、ペダルのハンドリングと言う点も無視出来ません。

ピアノのケース、単に鍵盤を弾くだけでは音は成立しません。

ペダルを踏むことで、初めて演奏がおこなわれます。

初心者の段階でこのペダルのハンドリングをちゃんと覚えないと、後々苦労することになるでしょう。

整然トレーニングを行ない、整然ハンドリング手順を身に付けましょう。

ピアノの初心者は、そもそもなぜペダルなんていう構成部品が必要なのかがよく分からないですね。

しかしながら、ピアノのペダルにはたいへん大きな使命があります。

しかも、ペダルは一つではありません。

ピアノの部類によって、数も使命も異なります

まずはそれを覚えることから始めましょう。

一定レベルピアノのペダルは3つあり、おのおのに使命が異なります。

まず、右側のペダルは「ダンパーペダル」と呼ばれています。

「レガートペダル」や「サスティンペダル」と呼ばれることもありますが、本質的には同じものです。

このペダルを踏むと、ピアノ内のダンパーと言う部品が全部上がり、弦が開放されます。

結実、鍵盤から手を離しても音が鳴りっぱなしになります。

次に、左のペダルだけれども、これは「ソフトペダル」と言われていて、踏むことで音が弱くなります。

ソフトペダルは、グランド・ピアノとUPライト・ピアノとで構造は異なりますが、結実として音が弱くなると言う点は同じです。

最後に中央のペダルですが、これはグランド・ピアノとUPライト・ピアノで全く使命が異なります。

グランド・ピアノでは「ソステヌートペダル」と呼ばれ、特定の音のみに「ダンパーペダル」と同様の効力が出ると言うもので、利用するこというのはあまりありません。

それに対し、UPライト・ピアノでは「ミュートペダル」と呼ばれ、音をたいへん小さくすることが出来ます。

今トレンドのサイレント・ピアノと同様の効力が、このペダルを踏むことで生まれることになります。

本質的には、夜間のピアノトレーニング等で利用するペダルです