ピアノがある環境

ピアノのお話

音楽が好きな人にとって、ピアノと言う楽器は一種の憧れです

ピアノの優しい音色は、全ての人の心に響きます。

その為、ピアニストを目指す人はワールド中にいっぱいいます。

特に近頃では、ピアニストを主人公とした「のだめカンタービレ」と言うマンガ、ドラマがヒットしたことを受け、ピアニスト志望者が増加しているといわれています

その為、ピアニスト予備軍の数は昔にも増して多くなっています。

では、ピアニストを目指すには具体的にどうすることで良いのでしょう。

一番良いのは、家にピアノがあることです

好きな時に好きなだけピアノに触れ、トレーニングすることが出来ます。

当然、腕も磨かれるでしょう。

ちびっこにピアノに関心を持ってもらいたいケースは、「家にピアノがある」と言う環境条件は必須とさえいえます。

ただレッスンに送り込むだけでは、よほどピアノと相性が具合が悪い限り挫折してしまうでしょう。

出来ることなら、お子さんが生まれる前、生まれてすぐの段階でピアノを家に置いておきたいところです。

ピアノと言う楽器は、敷居がたいへん高い楽器です。

当然、弦楽器や金管楽器等も、決して容易ではありません

おのおのに難しさがあり、一筋縄ではいかないものばっかりです。

ただ、ピアノのケースはユニークのセンスとボディー的な特徴が大きくものをいいます。

具体的にいえば、手が大きければ大きいほど有利ですが、手の大きさは持って生まれたものです

コンパクトな手だとしても弾けるようになるには、ちびっこの頃からピアノに触れて慣れ親しんでおく必要があります。

そういう意義では、幼少期の環境条件はたいへんたいせつですのです。

ピアノの練習方法

ピアニストを目指す人や、ピアノをマスターしたケースいうお目当てがある人は、必然的にピアノのトレーニングをおこなうことになりますね

ピアノのトレーニング手順は、個人レッスンと、グループレッスンの二つに大きく分けられます。

です。

まず個人レッスンですが、これも大きく二つに分けられます。

一つは、家に講師の方を招くと言う手順です。

ご身内教師のようなものですね。

ありのまま、音大生等がアルバイトで個人レッスンを募集しているケースはよくあります。

もう一つは、自ら個人指導をしているピアノ教室に通うと言う手順です。

個人レッスンの強みは、一対一でレッスンを受けられることに尽きます。

ピアノのケースは個人のセンスがおのおの異なるので、出来るだけ合同トレーニングではなく個人レッスンの方が良いと言われています。

手法的な面にしても、手の大きさが違えば指導手順も変化してきます。

家に招くにしても、教室に通うにしても、個人で習うのは意義があな時間となるでしょう。

一方、グループレッスン時にのケースは、大手のピアノ教室等に通ってグループで習うことになります。

グループレッスンの持つ利点は、競争相手がいると言う点ですね。

塾等がそうであるように、同じお目当てを持っている人と共に研究することによって仲間を得られると言う点も大きいでしょう、。

音楽の研究はユニークの感性のなかでおこなわれるもので、精神的に不安定になり易い傾向があるので、仲間の存在はたいへんありがたいものとなることでしょう

友達を作って伴に上達したいと言うケースは、グループレッスンが良いでしょう。

練習前の準備

教室に通うにしても、自宅に講師を招くにしてもまずはあるくらいピアノに触れておくことがたいせつとなってきます

何もない真っ白なところから習うこというのは、ピアノのワールドでははあまり好ましくありません。

ピアノのレッスン料は決してローコストではありませんし、教える側も少なくてもの準備がなされているものとして教えることになります。

そういう意義だとしても、準備はちゃんと行っておく必要があります。

ピアノのレッスンを受けるケース、まず準備しておくべきなのは、やはりピアノ本体です

お子さんにピアノを習わせるケース、まずはお子さんがピアノに触れ、鍵盤を触り、ペダルを踏んでピアノに親しむ環境条件を整えるようにしましょう。

そして、最大の関門ともいえるのが楽譜です。

初心者にとって、楽譜は最大の敵。

音符だけならまだしも、全く分からない記号がいっぱい並んでいる楽譜は、初めはかなり異質なものに見えて戸惑ってしまいます。

その為、拒否反応を示すちびっこは少なくありません。

というのはいえ、楽譜は音楽にとっては地図のようなものです。

楽譜が無ければ、楽曲の全景は見えてきません。

単純にその曲を弾くだけなら、耳で聴いた音をそのまま鳴らすと言う手順が通用します

ですが、プロの音楽家になるケースはそれだけではダメです

いずれ覚える必要がある以上は、なるべく早めに楽譜の見方を覚えさせた方が良いでしょう。

ピアノ教室に通うケースは楽譜の読み方も教えてもらえますが、その時間も当然レッスン時間に含まれるため、その分お金がかかります。

講師を招くケースも同様です。

出来ることなら、事前に楽譜を少なくても読めるような有り様でトレーニングを始めさせるようにしましょう。