ピアノの種類

ピアノのお話

おのおのの楽器がそうであるように、ピアノにも数多くの部類があります。

その多くは構造的なものですが、同じ時にそれによって音色も異なっています。

ピアノの音色は生誕から300年、本質的には変化していません。

ただ、派生によって同じピアノだとしても全然違う音色のものが生まれ、それがまたさらなる派生を呼び、かなりの数のピアノが生まれました。

ピアノは、「グランド・ピアノ」と「UPライト・ピアノ」の二つに大きく分けられます。

グランド・ピアノは、たいへん大きなのピアノです。

その音の響きから、天井の高いコンサート会場等で利用される鍵盤楽器です。

一方のUPライト・ピアノは、いわばご身内用のピアノです。

学校等に置かれているピアノは、本質的にはこのUPライト・ピアノです。

グランド・ピアノがグラウンドと水平になるよう弦とフレームを配しているのに対し、UPライト・ピアノはグラウンドと垂直に配しています。

その結実、グランド・ピアノほどは立地を取らない大きさとなり、それによって一般ご身内にも普及したといわれています。

こ以外にも、電子ピアノ、電子方ピアノ、キーボード等、近頃になって生まれたピアノもあり、これらもおのおの構造や音色が異なっています、。

そして、これらの中だとしてもより一層数多くの派生を見ており、その部類はかなり膨大な数に上ります。

近代のピアノではは自動演奏が可能なピアノも生まれ、その演奏スタイルにまで大きなチェンジをもたらしました。

ひとくちにピアノといっても、こみたいにかなり多くの部類が存在しているのです。

グランド・ピアノ

ご身内用の大きさではないので、あまり一般ご身内ではなじみのないグランド・ピアノ。

しかしながら、ピアノの歴史を知る上では、このピアノを無視するこというのは出来ないでしょう

設置する上での問題は、やはりその大きさでしょう。

スペースを広く利用するだけでなく、天井の高さにも気を配る必要があります。

その音の大きさもあって防音対応策も必須です、。

その為、グランド・ピアノはご身内で利用するのは少々難しい楽器といわれてきましたが、実は近頃ではは「ご身内用グランド・ピアノ」も出現しているのです。

グランド・ピアノも多彩な派生を果たし、いっぱい存在する部類が出現しています。

その部類分けは主に大きさでおこなわれており、最も大きい「2.2~3m」の大きさの物は、「コンサートグランド」と呼ばれています。

コンサートグランドは、コンサートが行なわれるホールや演奏会の会場等で利用されます。

コンサートグランドをややコンパクトにしたピアノが、「パーラーグランド」です。

パーラーグランドは「1.7~2.2m」の大きさで作られたグランド・ピアノです。

この大きさであるのなら、ご身内用としても行くことが出来ます。

そして、それと違ってより一層コンパクトなグランド・ピアノもあります

「ベビー・グランド」と言われているピアノです。

ベビー・グランドは、1884年にゾーマー社が特許を取得しています。

大きさ的にはかなりコンパクトですが、一般のところでは見る機会はそう多くないとも言えそうですね。

グランド・ピアノの特徴は、その音の伸びです。

UPライト・ピアノ等、他のピアノにはない滑らかさがあり、たいへん壮大な音色となってきます。

アップライト・ピアノ

コンサート会場等、ごく一部でしか見かけることのないグランド・ピアノというのは対照的に、UPライト・ピアノは学校をはじめ、多彩な立地で見かけることの出来る最もノーマルなピアノです

その最大の特徴は、グランド・ピアノと比較して大きさがコンパクトな点で、スペースを取らないことから、ご身内だとしても置き易い、庶民派のピアノとして普及の一翼を担いました。

価値がグランド・ピアノと比べてローコストな点も、普及の大きな要因といえるでしょう、。

そういったUPライト・ピアノには、構造的な問題として、グランド・ピアノと比較検討したケース連弾などの際の反応がやや鈍いと言う点があります

これは、内部構造が「横から弦をハンマーで叩いて音を出す」と言うものになっているのでです。

グランド・ピアノのケースは縦からハンマーが落ちると言う構造ですので、重力が加算されます。

その為たいへん反応が速くなるのですがUPライト・ピアノのケースはその重力の恩恵を受けることが出来ません

そこがプロの人たちにとっては大きなデメリットとなるため、コンサート会場等で彼等が演奏するケースは、UPライト・ピアノが利用されるこというのはないやうです。

というのはいえ、アマチュアの人が大抵に演奏する分には何ら問題はありません

つまりは、UPライト・ピアノはアマチュア用のピアノと言うことになります。

仮に、プロを目指す為にピアノをオーダーしたケースいうケースは、初めはUPライト・ピアノでトレーニングし、プロに近いグレードになった時点でグランド・ピアノに買い換えると良いでしょう。

電子ピアノ

比較的近頃出現した電子ピアノ。

別名「エレクトロニック・ピアノ」、あるいは「デジタルピアノ」とも呼ばれるこのピアノは、電子回路が内蔵され、電気の力で音が鳴ると言うものです。

音源が電気によって制御されているので、当然ながら電源を確保出来る立地でないと演奏が出来ない楽器になります。

そういう意義では、他のピアノというのは大きく部類が異なるピアノといえるかも知れません。

電子ピアノは、近年もなお向上し続けている鍵盤楽器です。

出現してからまだ日が浅く、なによって「エレクトロニック」と言うカテゴリーの為手法の向上が目覚しく、それに合わせるように電子ピアノもみるみるとそのスペックを向上させています。

というのはいえ、登場時は必ずしも「ピアノ」と言う感じではなく、音質も反応もある意義オモチャのような感じでした。

ありのまま、鍵盤の数も88はなく、そういう意義ではちびっこが遊ぶための物、あるいはピアノの初心者がピアノに触れる目的で初めに買い与えられる物と言う感想や感じ方がたいへん強かったのです

しかしながら、近頃では反応速度もたいへん速くなり、また強弱も付けられるようになって、鍵盤数も88の物が出てきたことから、電子ピアノはピアノの派生品として正式に認められるようになりました。

近年では「調律不要のピアノ」、「低価値、コンパクトのピアノ」と言うメリットの方が前面に出た評判品物となっています。

電子ピアノはしばしば「エレクトーン」と混同されますが、エレクトーンは電子オルガンの名前であって、ヤマハの電子オルガンの品物名です。

キーボード

時代と共に、ピアノはみるみるコンパクト化を要求され、それに応じて多彩な小ぶり品物が開発され、派生していきました。

グランド・ピアノが現役として多くの演奏者に愛用される一方、学校の音楽の時間で利用されるピアノや、音楽家を目指したいと思っているプロ志望の学生がピアノを学ぶ際に利用するピアノはみるみると小ぶり化していき、より使いやすく、オーダーし易いと言う「お手がる感」が求められていったのです

その結実、出現したのが「キーボード」です。

キーボードは、UPライト・ピアノと比べるとより一層軽量、小ぶり化された鍵盤楽器です

電子ピアノ同様、鍵盤のタッチに対して電気プロセシングがおこなわれます、。

そういう意義では、現代手法の結集がキーボードと言う品物といえるかも知れません。

しかしながら、キーボードはピアノというのは根本的に音色が異なるため、ピアノのカテゴリーに含まれるかどうかが微妙なラインだとしてもあります

オルガン等と同様に、他の鍵盤楽器の一つとみなすことも出来るので、必ずしもピアノの一種には含まれないケースもあります。

その一方で、キーボードはピアノの登竜門と言う見方がされるケースも多くあります。

キーボードは、ある意義「全てのピアノを経験出来る楽器」です。

多彩なシステムを有しているキーボードは、音色を変えたり、音の強弱を変えたりすることが出来る他、自動演奏も行なえます。

その為、コンピューターに近い感覚で利用する人も沢山やうです

こういった利便性から、自分がどういうスタイルのピアノに合っているかと言うことを見つける上では、最も適しているといえます。